050-3562-5960

ブログ

2019/09/16(月)

たった15秒!【腰痛・肩こり解消】僧帽筋ケア

カテゴリー:肩・首の痛み系ブログ

 

たった15秒!腰痛・肩こり解消!僧帽筋ケア

前回のブログで、

肩こりに関係する筋肉と肩こりの原因についてお伝えしました。

姿勢は、肩こりの要因の1つです。

姿勢が変われば、疲労が抜けやすいし、疲れにくい。

他の痛みの原因となる可能性を低くしてくれる。

いいことがいっぱいです。

でも、「肩こりにならない」わけではありません。

それは、肩がこる理由は、

いろいろあるからです。

でも、確実に言えることは、

姿勢を整えれば、今よりも

数段、動きやすく疲れにくい体になっていきます。

そして、肩こりは、腰痛とも大きく関係してきます。

肩こりケアに1番!僧帽筋ケア

つまり、肩こりのケア方法は、知っていた方がいいとうことです。

【1】どうして肩こりの僧帽筋と腰痛が関係するのか

姿勢を整えても、いろいろな原因で肩こりを感じることがあるでしょう。

姿勢を整えるのには、時間がかかる!今すぐ、肩を楽にしたい!!

いろいろ願いがあると思います。

僧帽筋と殿筋(お尻の筋肉)は、筋膜の関係で、関係性が非常に強いです。

また、殿筋は、背中の脊柱起立筋や首の筋肉、骨盤などいろいろな筋肉と関係しています。

そう考えると、僧帽筋を緩めることで、首や背中周りが動きやすくなるわけですから、

腰痛に大きく関わる殿筋にも、影響を与えるわけです。

【2】腰痛・肩こりに関係する僧帽筋ってどんな筋肉?

首から背中にかけて広がる巾の広い筋肉です。

僧侶の帽子に形がにていることから、名前がつけられました。

肩甲骨を支え、上肢を支える役目をもっています。

とくに、肩関節の動きを一番背負っている筋肉です。

この筋肉が張ってくると、肩関節や首、腰などに負担がかかり

さまざまな不調につながるといっていいでしょう。

【3】肩こりに関係する僧帽筋を15秒でケアする方法

①凝っている肩(僧帽筋上部)を逆の手で軽くつかむ

②凝っている肩の方の肘をまげた状態で肩を後方に10~15回、回す

③腕をぶらぶらさせてリラックスさせる

たったこれだけです。

写真を見ても、何となく回した右肩が下がっているのが分かりますね(^^♪
わざとではありません(^^)

このケアを1週間続けても、肩こりが軽減されない方は、別の筋肉が関係している可能性があります。

そのときは、また、別のケアをお伝えするブログがあるので、見てください。

腰痛・肩こり解消!僧帽筋ケアのまとめ

やってみて、いかがでしたか?

はじめは、つかむ力の下限が分からなかったり、そもそも固すぎて、終わった瞬間は、痛みが残る方もいらっしゃいます。でも、続けていれば、僧帽筋は、柔らかく柔軟性を取り戻してきます。

まずは、1週間試してみて、軽減するなら、続けてみてください。

それでも、だめなときは、1度ご相談いただけたら、あなたの肩こりの根本原因を見つけるお手伝いをさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

5月30日(土)まで
先着5名様限定割引 → 1日1名様限定!

ご予約は今すぐお電話で

050-3562-5960

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

>※施術中は電話に出られませんので、留守番電話に自身のお名前と電話番号を入れて下さい。必ず折り返し致します。
※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。