050-3562-5960

ブログ

2019/09/17(火)

姫路市在住30代男性の肩が挙がらない原因はここだった!

カテゴリー:肩・首の痛み系ブログ

 

今日は、臨床事例を1つご紹介したいと思います。

 

姫路市在住の30代男性。

 

腕を肩の高さまで挙げると、三角筋あたりに痛みがある方が来院されました。

  

肩が挙がらない!原因はここだった!

【1】肩の痛みの原因

この方の痛みの原因は、やはり、痛みのある場所にはありませんでした。

 

広背筋という筋肉と小円筋という筋肉が滑走しているライン(筋膜)を整えてあげるだけで、肩の高さまで腕を挙げても痛みはでなくなりました。

 

治療時間は、15秒ほどだったでしょうか?

 

これは、すべての肩の痛みが、この方法でよくなるわけではありません。

 

この方の肩の痛みが、ここの筋肉の動きが悪くなっていることにあったということです。

 

 

【2】肩の痛みの原因をどうして見つけたのか?

この方の特徴として、大きくあったのが、

 

肘を曲げた状態で挙げると、痛みが強く、肘を伸ばした状態であげると、痛みが軽くなるというところにありました。

 

肘を曲げた状態の方が、痛みが強いということは、肘を曲げたときに使っている筋肉が関係あると考えました。

 

そこで、腕の外側の筋肉を中心に調べたところ、腕には原因が見当たりません。

 

そこから、腕の外側と関係の深い、背面と側面を考えたところ、

 

広背筋で痛みが軽減することが分かり、広背筋と小円筋にたどり着いたわけです。

 

【3】その方に伝えた広背筋と小円筋のケア方法(運動ストレッチ編)

①脇の後ろ側をつかむ

 

②腕を後方に10~15回回す

 

③腕をリラックスさせる

【4】その方に伝えた広背筋と小円筋のケア方法(ストレッチ編)

①四つん這いになる

 

②ケアしたい手を、手のひらを上に向けた状態で上に伸ばす

 

③深呼吸をしながら30秒伸ばしていく

 

④腕をリラックスさせる

 

 

腰痛・肩こり解消!僧帽筋ケアのまとめ

痛みの原因は一人ひとり違います。

 

いろいろな本が出回ってはいますが、あなたにそのケアがあっているかはわかりません。そして、今回のケアもあなたに合っているかわかりません。

 

例えば、四十肩、五十肩と同じ診断をされても、そうなのです。

 

原因は、同じではないのです。

 

まずは、専門家の意見を聞いてから、専門家と一緒に改善に取り組むのか?それとも、自分でケアしていくのかを決断してくださいね。

文章では分かりにくいなあと思う方、

もっと詳しく知りたいという方は、

ぜひ、動画をみてください。

↓↓↓

 

 

 

1月31日(月)まで
先着5名様限定割引 → 予約多数により1日1名様限定!

ご予約は今すぐお電話で

050-3562-5960

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

>※施術中は電話に出られませんので、留守番電話に自身のお名前と電話番号を入れて下さい。必ず折り返し致します。
※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。