050-3562-5960

ブログ

2019/03/25(月)

首を回旋したときに痛みがあるのは、ここが原因でした!!

カテゴリー:その他の体の不調系ブログ

 

姫路市の腰痛専門家が送る腰痛・その他の痛み改善ブログです!

最近、首の痛みで困られている方の来院が続いたので

簡単に、首の痛みについてお伝えします。

一口に首が痛いといっても

首ほど痛い場所に原因がない部分はありませんね。

基本的な構造が

腰と似ているということもあるのでしょうが、

首も、腰と同様にたくさんの筋肉で首の動きが作られています。

今回、3人を紹介します。ただ、3人とも

首を横に回旋させると痛いのですが、微妙に違うので・・・。

まず一人目の方は、トラックの運転手の方。

右を向くと、左の首から肩が痛いという方です。

もともと、腰痛でこられていたのですが、

腰痛が随分よくなったということで

今まで言われていなかった

首の痛みを治療してほしいということでした。

もともとあったようなのですが、鞭打ちもしたし仕方がないと。

運転をしているときに、首を横に向けることがあるのですが、

そのときに、痛いと。

さて、この方の首の痛みは、ある筋肉を調整してあげると

痛みが全くなくなりました。

すごく笑顔で

「えっ?」

って。

これまで、当たり前にあった痛みで、

しかも、ずっとストレッチとかやっていたみたいなんです。

時には、1時間近くストレッチをしても取れない首の痛み。

わずか、1分ほどでなくなりました。

どこだったと思いますか?

答えは、左の広背筋と左の上腕三頭筋でした。

ここを調整してあげるとすっと痛みがなくなりました。

2人目は、最近、鞭打ちになって

右を向くと左右の首の後ろが痛いという方。

流石に、鞭打ちになったばかりで少し時間がかかりそうですが、

調整した箇所は3箇所。

それで、少し痛みは残るようですが

可動域も大きくなり、痛みもかなり減ったようです。

どこを調整したと思いますか?

この方は、小胸筋と後頭下筋群と腕橈骨筋。

こう考えると、同じ首を回旋したときの痛みなのですが、

一人目の方は、腕のバックラインからの痛み。

二人目の方は、腕のフロントラインからの痛みだということが分かります。

3人目の方は、うつぶせでねると、顔を左に向けながらは寝ることはできるけど、右を向いて寝ようとすると痛くて寝れないという方です。

特に、日常生活には困っていないようです。

しかし、左右で、明らかに回旋したときの稼働域が違います。

左は、ほぼ90度まで向けるのに、右は、50度ほどで止まってしまうんです。

調べてみると、左の上腕二頭筋と小胸筋が原因でした。

つまり、腕のフロントラインが原因です。

普段、パソコン作業が多いことが原因だと考えられます。

いくら首を治療しても

この3人は治りません。

どこがゲ原因になっているのかを

見極めて治療することが大事ですね。

当院は、そうした専門の知識と技術をもって
お客様と接しています。

これからも、

腰痛予防、腰痛改善はもちろん

明日以降もあなたの腰痛・痛み改善に繋がる

ヒントやアイデアを発信していきます!

 

 

 

5月31日(火)まで
先着5名様限定割引 → 予約多数のため1日1名様限定!

ご予約は今すぐお電話で

050-3562-5960

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

>※施術中は電話に出られませんので、留守番電話に自身のお名前と電話番号を入れて下さい。必ず折り返し致します。
※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。