050-3562-5960

ブログ

2019/06/21(金)

梅雨時期の【不調】重だるさの原因と対策

カテゴリー:頭痛 めまい 耳鳴り(不定愁訴)

 

今年は、梅雨入りが遅く

まだ、近畿地方の梅雨入りの発表はされていません。

しかしながら、湿度がどんどんど高くなり、

じめっとした感じは、夏が近づいているなあという気持ちにさせてくれます。

さて、こんな梅雨時期は、体が重ダルく

不調になる方が大変多いです。

梅雨時期の不調の原因とは?

【1】高い湿度が影響している

梅雨時期に不調が多くなるのは、

大きな原因として、高い湿度と朝夕の気温差(寒暖差)にあります。

1日の中で気温差が大きいと、

体温調整をする必要があります。

※当然、エアコンなどの影響もあります

しかし、高い湿度により、

体は、体温調整と水分調整ができなくなるのです。

【2】湿度の影響を実験した例

昨年の健康のテレビ番組で、こんな実験をしていました。

○Aの部屋 湿度は高くない部屋

○Bの部屋 湿度の高い部屋

この2つの部屋の温度は同じ条件で、

ランニングをしてもらうのです。

さてどうなったと思いますか?

一件、たくさん汗をかくのは、Bの部屋だと思いませんか?

実は、逆の結果となったのです。

【3】梅雨時期の不調の原因のまとめ

つまり、湿度が高いと人間は、汗をかくのが

下手になるのです。

しかも、湿度の高い部屋でかいた汗は、

べとっとした汗。

湿度の低い部屋でかいた汗は、

さらっとした汗。

汗をかきたいのに、上手くかけない。

水分を溜め込んでしまう。

汗をかけないので、体温調節ができない

めまい

頭痛

むくみ

冷え

重だるさ

など・・・

いろいろな不調がでてくるというわけです。

梅雨時期の体のだるさ対策

【1】水分をこまめに補給する

えっ、水分を溜め込んでしまっているのに水を飲むの?と思われるかもしれませんが、

基本的に、人間は、水をしっかりと飲んだほうが、体の流れがよくなります。

とくに、水は、ロケット鉛筆のように、新しい水を取り入れると、古い水を外へ出してくれます。

新しい(綺麗な水分)を取り入れることで、古い水(悪い水)を出し、体の中からきれいになるというわけです。

【2】体を動かす

やはり、運動が1番です。

しかし、運動といっても、思いっきりする必要はありません。

ストレッチ程度でいいのです。

筋肉を動かすことで、流れがよくなり、老廃物を流してくれます。

【3】マッサージなどを受ける

整体もそうですが、マッサージなどによって

筋肉をほぐしてあげることで、体の流れが良くなります。

つまり、血行をよくすることも、梅雨時期の体の不調を防ぐ方法の1つなのです。

文章では、よくわからなかったという方は

下の動画で確認してみてください

↓↓↓

これからも、みなさんの体の不調や腰痛が

改善できるような情報を発信していきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

2月17日(月)まで
先着5名様限定割引 → 残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

050-3562-5960

【受付時間】9時〜21時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

>※施術中は電話に出られませんので、留守番電話に自身のお名前と電話番号を入れて下さい。必ず折り返し致します。
※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。